Orthodontics 矯正治療

Orthodontics矯正治療

矯正でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください

お子様から大人の方まで、ワイヤー矯正や裏側矯正などの矯正治療に対応

矯正の治療を始める前に患者様のご要望をヒアリングし現在の歯・歯茎の状態を確認いたします。

お子様の将来の見通しを踏まえご両親と治療方法についてしっかりと対話する時間を設けております。
可能な限り多くの方に矯正治療を受けて頂けるように、費用も抑えれるように努めています。

治療方法は一般的なワイヤーを使った矯正から、透明度が高いセラミック製のブラケットを使った目立ちにくい矯正や裏側矯正などに対応しております。

矯正治療のメリットは虫歯になっても治療がやりやすくなり、歯周病や口臭の原因を減らすことにも繋がります。

歯並びもキレイになり、笑顔も増えてくることから気持ちも向上しより良い人生を送る為のお手伝いができると考えております。
矯正でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

歯並びを整えたい
虫歯・歯周病を防ぎたい

歯並びを整えることは、単に見た目を良くするだけでなく、正しい噛み合わせに導くことで、虫歯・歯周病の予防やお口全体の機能を高めることができます。
一般的なワイヤー矯正、お子様の矯正(小児矯正)、裏側矯正に加え、近年では取り外し可能なマウスピース矯正の利用者も増えています。矯正歯科はお子様の治療だと思われることが多いですが、健康な口腔環境の方であれば、年齢を問わずに何歳からでも始めることができる治療です。
歯並びでお悩みの方はどうぞお気軽にパーク駅前歯科矯正歯科クリニックまでご相談ください。

~大人の矯正~
歯並びと噛み合わせの改善でもっとイキイキとした毎日を

矯正治療で歯並びや噛み合わせの改善をすることで、発音の向上や虫歯・歯周病の予防にもつながります。そのため、大人の口腔ケアの一環としてもおすすめの治療です。当院のカウンセリングでは、矯正治療後の保定期間の重要性や治療に伴うリスクなど、治療を始める上で患者様にしっかりと理解していただきたい大切なことを丁寧に分かりやすく説明いたします。
大人の矯正治療の場合、小児矯正のような成長過程による影響が少ないため、治療スケジュールが予測しやすくなり、想定外に矯正期間が長くなって費用や精神的負担が増える、といったことを軽減することができます。 また、当院では裏側矯正やマウスピース矯正など目立ちにくい矯正装置も用意しています。

~小児矯正~
顎の成長過程を利用して歯並び改善

お子様の歯並びが悪いままだと噛むことだけでなく呼吸や発音、飲み込む力にも影響が出てきます。
小児矯正ではお子様の顎の成長を利用することで、歯並びを改善し、顎の成長を正常な状態へと導いていきます。また、歯並びに影響を与える悪い癖や習慣を改善していくことでも歯並びの改善は見込まれます。
乳歯がある段階での早期治療でより良い治療結果が期待できるため、お子様の歯並びにご心配がある親御様は一度パーク駅前歯科矯正歯科クリニックまでご相談ください。

Wire orthodontiaワイヤー矯正

ワイヤー矯正の特徴

ワイヤー矯正のデメリット

  • 口腔内を傷つける可能性がある

      ワイヤー矯正は唇の裏側に接する形で装着するので、治療開始直後は口内炎などの症状が出る方がいらっしゃいます。
      また、スポーツなど、強い衝撃を受けた場合に装置によって口腔内を傷つけてしまう恐れがあります。
  • 治療中の痛みや不快感がある

    ワイヤーの弾力性によって歯を動かすので、治療中に痛みを感じることがあります。
    特に、矯正治療直後で痛むことが多いです。数日経つと慣れてくることがほとんどです。
  • 歯磨きがしづらい

    歯にブラケットやワイヤーが付いているため、装置の周りに汚れが溜まりやすくなります。
    そのため、専用の歯ブラシを使うなど丁寧に歯磨きをする必要があります。
    歯磨きの仕方や磨き方のコツなどしっかりご説明いたします。

Lingual braces裏側矯正

裏側矯正の特徴

裏側矯正のデメリット

  • 滑舌に影響が出る

      矯正装置が舌に触れる位置にあるため発音の際に違和感を覚えたり、発音しづらいなど滑舌に影響が出ることがあります。
      こうした違和感は矯正装置をつけてから時間が経過すると慣れて気にならなくなることも多いです。
  • 通常のワイヤー矯正より費用がかかる

    歯の表側に矯正装置をつける表側矯正よりも、裏側矯正は高度な技術が必要になるため費用が多くかかることがほとんどです。
  • 治療期間が長くなることがある

    矯正装置をつくるのに表側矯正よりも時間がかかり、矯正方法としての難易度も高いため、治療開始から終了までのトータルの期間が通常のワイヤー矯正よりも長く時間がかかってしまうことがあります。
    ただし、必ず長くなるということではないので、治療期間に不安がある方は一度ご相談ください。

Mouthpieceマウスピース矯正

マウスピース矯正の特徴

マウスピース矯正のデメリット

  • 装着時間のムラによって治療期間が長くなる

      マウスピース矯正では矯正装置を1日20時間以上装着する必要があります。 取り外しが自由な分、装着時間が短くなると矯正期間が長くなってしまうだけでなく、マウスピースの再調整が必要になることもあります。
  • 症例によっては対応できない

    重度の叢生(デコボコの歯並び)や額変形症など外科手術が必要な難症例の場合はマウスピース矯正で治療を行うことが難しいです。
    治療工程の一部をワイヤー矯正と併用して行うことでマウスピース矯正だけでは治療が難しかった症例にも対応できる可能性はあります。
  • 歯磨きがしづらい

    歯にブラケットやワイヤーが付いているため、装置の周りに汚れが溜まりやすくなります。
    そのため、専用の歯ブラシを使うなど丁寧に歯磨きをする必要があります。
    歯磨きの仕方や磨き方のコツなどしっかりご説明いたします。